同性愛 マッチングアプリ「マッチドットコム」 男性 女性 体験談

マッチドットコム 体験談 同性愛者編(女性)

体験者のプロフィール

  • 年齢 32歳
  • 住み 東京
  • 彼女いない歴 1ヶ月
  • 好きな女性のタイプ 頭を撫でてくれる人
  • ファッションセンス 自己採点 10点中8点
  • 仕事 バーテンダー

 

私は、俗に言うレズビアンです。

それこそ、13歳から自分が女性しか愛せない事に気付きました。

私の元々の環境が同性愛者にしたといえばそれまでです。

私は、小学校から私立で高校大学とずっと女性オンリーの世界でした。

自分が、性同一障害か?と言われれば女性相手に自分が男性となって対応する場合もあるのでそうかも知れません。

病院でも、そう告げられました。

しかし、一色単に「性同一障害」と言われると自分が病人みたいで何か嫌でした。

ですので、「私は、ただ女性が好きなだけ♪」と思うようにして生きてきました。

でも、年齢が嵩むにつれてそうも言っていられなくなりました。

それは、周りの環境です。

やはり、相手が女性だと私がどうしても意識してしまい特に職場だとコミュニティー障害を起こしてしまいうまく馴染めない自分がいました。

すると、自分の居場所がなくなり尚更周りは「私を差別してるのではないか?」または、「私が同性愛者だとバレたのかな?」など考えるようになり職を転々とする羽目になってしまいました。

ただ、職を変える事は出来ても自分の「女性しか愛せない部分」を変える事は出来ません。

そこで、マッチングアプリを通して周りに気付かれないように自分に合ったパートナーを探そうと思いました。

しかし、1つの壁にぶち当たる事になりました。

それは、どのアプリを登録しても全て異性の相手しか探せない事でした。

「えっ?同性愛者には優しくない」というものでした。

私は、8社くらい試しましたがどれもダメでした。

でも、一社だけそれがOKなアプリがありました。

それは、マッチドットコムでした。

単純に、「助かった」と思えたくらい同性愛者に優しいアプリはほとんど無いです。(私が知る限りマッチドットコムだけでした)

マッチドットコムを登録した経緯はそんな感じでした。

実際に登録して、本当に出会えるのか?少々不安でした。

アプリ内で、馬鹿にされないかな?とかイタズラされないかな?とかネガティブな事を考えたらキリが無いくらいでした。

でも、私はどうしてもパートナーが欲しかったのでマッチドットコムで探してみる事にしました。

プロフィールには、細かく自分は女性をパートナーに求めている事や趣味など書きました。

するとどうでしょう。

登録して、たった三日で40件近くいいねが来ました。

「えっ?女性同士の需要ってこんなにあるの?」と思えたくらいびっくりしました。

それに、ほとんどの女性がメッセージのやり取りをしてみると、「同じ考えの方が居て嬉しいです。是非、出会いたいです。なんなら、今日今からでも飲みに行きませんか?」的な感じでした。

私は、夢を見ているのでは?と思えたくらいです。

今まで、女性同士のパートナーを探すのがどれほど大変だったか?同性同士のカップルなら皆共感してもらえるはずです。

そこで、沢山の足あとを頂き尚且つ、マッチングも沢山しました。

その中で、一人だけどうしても会ってみたいと思える人がいたので前向きにメッセージのやり取りをしました。

出会った女性のプロフィール

  • 年齢 32歳
  • 住み 東京
  • 彼女いない歴 不明
  • 好きな女性のタイプ 不明
  • ファッション カジュアル
  • 仕事 ダンサー

 

彼女の仕事はダンサーで世界を回っている素敵な人でした。

年齢も同じで彼女の悩みも私と同じで「恋愛対象は女性のみ」というものでした。

単純に、世界を回っているプロのダンサーってどんな人?というのが最初の興味でした。

しかし、実際にメッセージのやり取りをしているとその寛大な心に私のハートは鷲掴みされた感じでした。

何を言っても全て私に対して模範解答をくれる女性でした。(人生において、何事も経験豊富過ぎて勉強にもなりました。)

そして、実際に会う話になり六本木のバーで飲む事になりました。

第一印象。

とにかく、見た目がおしゃれでカッコ良い女性って感じでした。

バーで飲んでいる最中も終始私に気を遣ってくれました。

例えば、グラスを下げてくれたり本当に些細な事です。

でも、女性は一度気になるとそういった行動全てが心に響くようになるのです。

そして、初めて会ったばかりだったのですが私が一目惚れしたので「もしよければ、今日会ったばかりですが、お付き合いしてもらえませんか?」と言ってみました。

すると、「私も、気に入ったのでもし良ければ是非。」とあっさり交際する事が出来ました。

その日、普通に少し酔って帰宅しました。

そして、帰宅後のシャワーでふと素面に戻り考えてみました。

「過去に、同性愛者の相手を探すのがどれほど大変だったか。」それが、マッチドットコムを使えばあっさり素敵な相手が見つかり少し拍子抜けした気分でした。

勿論、それは良い意味でです。

私と、同じ境遇の女性は是非マッチドットコムを使って相手を探して欲しいと思いました。

私に騙されたと思って、本当に試して欲しいです。

なかなか、相手が見つからずに悩んでた過去が馬鹿らしく思えるくらい簡単に相手が見つかります。

私は、自分の友達全員にマッチドットコムを勧めています♪

 

マッチドットコム 体験談 同性愛者編 (男性)

体験者のプロフィール

  • 年齢 28歳
  • 住み 東京
  • 彼女いない歴 2ヶ月
  • 好きな女性のタイプ 優しい方
  • ファッションセンス 自己採点 10点中5点
  • 仕事 ホスト

 

僕の仕事は、ホストです。

なので、女性との出会いは沢山あります。

しかし、僕には人に言えない悩みが1つあります。

それは、自分が性同一障害(所謂、GIDです。)だという事です。

ですから、女性よりも男性を進んで好みます。

ただ、僕がGIDだという事は職場も含め誰も知りません。

知っているのは、家族と昔からの知人のみです。

ですから、周りから女性を紹介されると本当に息苦しく感じてしまいます。

ホストという仕事自体は、女性との接点も基本職場のみなので問題なくこなせます。

しかし、客から「店外デート」や「プライベートでの接点」を持ちましょう?と誘われる事が多々あります。

そういう時は、本当に断るのが大変だったりその日は「苦痛を感じる1日」になったりします。

男友達に、隠れて外の男性とお付き合いするのは本当に大変です。

そもそも、出会う事自体大変です。

新宿の二丁目に行けば、出会えますがあまりにもわかりやすくてバレてしまう可能性もあります。

なので、そこでは出会えなかったりします。

最近、別れた彼氏。

僕も、人間ですからやっぱり同性とはいえパートナーが欲しいわけです。

しかし、ネットで探しても国内のマッチングアプリは同性は出会えなかったりします。

ほとんどが、「検索できるのは異性のみ」と限定されています。

所謂、どこも「同性愛というものがあるという認識がない」という事になります。

日本のアプリは全てアウトだったので海外のサイトをみる事にしました。

すると、外資系が運営しているサイトで「マッチドットコム」というサイトを見つけました。

さすが、アメリカが発祥のサイトです。

サイト内では、珍しく同性同士も検索できたりします。

アメリカは、同性愛者に優しいので納得という感じでした。

そして、何よりサイト内で同性愛者を探しやすいときてます。

もう、言うことありませんでした。

今まで、肩身の狭い思いをしてきた自分がバカらしくなりました。

「もっと早く、このアプリを知っていれば。」と思ったくらいです。

そして、実施に登録して利用してみました。

勿論、プロフィールにはGIDのことも書きましたし画像もしっかり載せました。

すると、二日間の間に20件近いいいねがありました。

その中の一人とやり取りする事にしました。

出会った男性のプロフィール

  • 年齢 32歳
  • 住み 東京
  • 彼女いない歴 不明
  • 好きな女性のタイプ 不明
  • ファッション カジュアル
  • 仕事 自営業

 

彼は、同性愛者と言うよりは、所謂バイと言う類の方のようでした。

簡単に、ご説明すると、男性女性どちらでも受け皿がある方という事です。

メッセージで、お互い挨拶などをやり取りしました。

非常に、話しやすい方でご理解がある方でした。

勿論、プロフィールにGIDと書いておいたので相手も十分理解をしてくれた上で一度お会いしましょう?と言う話になりました。

本当は、メッセージで少しの間やり取りをしてからにしようか?考えたのですが「やっぱり会わなければ何も始まらない」と思い会う事にしました。

実際に、会ってみると写真で見た通りの感じの良い男性でした。

相手の方は、「えっ?本当にGIDですか?」と言う反応でした。

やっぱり、ホストなのでそう見えなかったのでしょうか。

立ち話も、あれでしたので食事をしながら話す事にしました。

彼の、過去を聞いていると僕と似ている部分がかなりありました。

同性が、好きかも?と思い始めたのが小学5年生辺りからとか。

女性と遊んでいる方が楽しかったとか。

親から買ってもらうプレゼントも、少し女性寄りの方が嬉しかったなど。

会話だけで、こんなに身近に共感できる人ができるなんて思ってもみませんでした。

多分、GIDの人しか理解できない部分かも知れませんが、こういった繊細な部分の共感を得られる人を探すのって本当に大変なんです。

尚更、GIDになると気軽に人に相談できる内容ではないからです。

こんな人と、出会えただけで僕は「マッチドットコムを登録した甲斐があった」と思えました。

その日は、彼と朝まで飲みました。

そして、マメに連絡を取る間柄になりました。

しかし、僕の中では「まだ一人の男性しか会えてない」と思い他にも良い人がいるのではないか?と疑問を持つようになりました。

もし、最初の方とお付き合いをしていればルール違反だとは思います。

しかし、そうではないのでもう少しマッチドットコムでいろんな男性と出会ってみようと思いました。

実際に、最初の彼とは非常に良い関係の友達になれています。(友達も欲しかったので嬉しかったです。相手の彼も、そう言ってくれました。)

彼と、出会ってからマッチドットコムを利用して別途5人の男性と知り合う事が出来ました。

皆さん、僕と同じGIDの方々です。

すると、最初の目的は「パートナー作り」だったのが今ではGIDのコミュニティー的な物が僕らの間で出来ていて毎週誰かしらと食事をするのが恒例になりました。

正直、こう言ったアプリの使い方もありなのか?とは思いました。

勿論、GIDの人がマッチドットコム内で彼氏を作るのもそこまで難しくないと思えました。

最高のアプリだと思うので、是非GIDの人に広めたいと思いました。

***********************************************

↓↓

マッチドットコムの登録はこちらから

マッチ・ドットコム

**********

 

⇒マッチドットコムについてもっと知りたい方はこちら「マッチドットコム徹底分析」