マッチングアプリ 変な男性を見極めるには

「恋活」「真面目な出会い」をするためのアプリで変な男性に引っかからない見極め方

 

Pairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)やwith(ウィズ)を筆頭に、アプリを利用して真剣な恋活や真面目な出会いを始める人が増えています。

 

今の時代にあっていて非常に良いと感じます。

 

沢山の人が利用すれば、それだけ運営会社もセキュリティ含め強化し始めるのでユーザー側と運営会社側とで良い関係が築いていけるはずです。

 

しかし、そんな中やはり出会いは異性同士。

 

返答が来なかったり、気分を害することが起きたりは必ずします。

 

そして、そこにプラスでサクラや業者なども入ってきたりします。

 

勿論、ペアーズやOmiaiやwithに関しては今の所私はサクラや業者といった人には出会ってません。

 

きっと、運営会社で監視してマメに削除してるのでしょうか。

 

しかし、この人怪しいなどなぜ怪しいのか?など知識を持つことは悪い事ではありません。

 

是非、アプリを今後も利用していく上で参考にして頂けると幸いです。

 

1.いいねを押す前に必ずプロフィールを読みましょう

男性を見る時にまず一番最初にプロフィールを読んで下さい。

 

そうするとかなりわかりやすい感じで理解できるはずです。

 

もし、相手が「業者」や「サクラ」やそこまで出会いに前向きじゃなく適当な人は、そもそもプロフィールの詳細が書いていません。

 

所謂、自己紹介を全く書いてないという事です。

 

例えば、100歩譲ってプロフィール詳細を全く書いてない状態で「私は真剣です」とか「私は業者やサクラじゃない」と言われれも説得力がないわけです。

 

理由は、婚活恋活アプリはあくまで真面目に出会いを求める場です。

 

そんな場にも関わらず、自分を全く明かさないとか相手に知ってもらうための詳細が未記入などハッキリ言ってお話にならないわけです。

 

プロフィール詳細で、収入未記入などは仕方ないです。

 

明かせる人と明かせない人が人がいます。

 

しかし、身長や自分のチャームポイント(ここは、男性が女性にアピールする大事な部分)や性格についてなど未記入の人がたまにいます。

 

こういう人は、もしサクラや業者じゃなくても出会いに対して「真剣度が感じられない」と取られてもおかしくないはずです。

 

それか、かなりアプリを適当にしてる方です。

 

こういう方への、いいねは控えた方が良いです。

 

2.写真をしっかり見極める(枚数編)

 

男性のプロフィールを見る上で一番男性が気になるのが当然写真ですよね。

 

しかし、この写真もかなり見極め方があります。

 

どの婚活恋活サイトも大手になれば必ず、サブ写真が3〜9枚は載せれるようになってます。

 

しかし、少し適当な変な男性はメインしか載せてなかったりします。

 

そして、尚且つ中にはどこかのモデルの写真を載せてる人までいます。

 

こういう人には、絶対いいねをしないでください。

 

それこそ、本人じゃないとその場でわかればアプリ内で「通報」もできるので押してみても良いです。

 

真剣に、出会いを求めている男性の8〜9割の方がサブ写真をしっかり載せています。

 

だから、真剣度がこちらにも伝わるわけです。

 

男性だから、写真は少なくて済むなんて思ってるのは不純な動機が入り混じる出会い系サイトのみです。

 

真剣な恋活や真面目な出会いをするサイトでは、画像に関しても男女関係ありません。

 

いかに、自分を沢山の相手に知って貰っていかに良い出会いに繋げるか。

 

これが、一番の焦点になるのは登録者全員理解済みです。

 

なので、決してサブ写真がない人など「メインがあるからいいや」くらいの勢いでいいねを押さないようにしてください。

 

そういった妥協をしなければいけないサイトではありません。

 

3.写真を見極めましょう(画像編集編)

 

女性が男性の写真を見て一番悩むのが、盛っている画像ではないでしょうか。

 

最近では、画像編集ソフトが進化し過ぎて盛っているか盛っていないかわからない高度なものまで出てきてます。

 

ここで、大事なのがかなり編集し過ぎてる(特にSNOWなど)画像を載せてる男性には気をつけてください。

 

はっきり言って、リアルは別人です。

 

アプリ内でも、4割くらいの人がかなり盛った写真を載せてます。

 

ただ、こういう人はマッチング後にLINEなど交換した際やたら「外見で判断する人は嫌い」とか言い出します。

 

そして、タチが悪いのがそういった事を言い出す男性の大半は、女性を画像で判断してるにも関わらずです。

 

女性からすると、当然編集していない画像をこちらも求めたくなりますよね。

 

こちらが、画像編集してなければ尚更です。

 

しかし、そこを強く言い過ぎると面倒な話になりかねないので事前にわかりやすい画像編集をしてる人へのいいねは控えた方が良いです。

 

後の、トラブル防止です。(リアルな写真が、別人だった時にショックは計り知れません)

 

4.ヤリモクに引っかからない方法

どうしても、「恋活」や「真面目な出会い」をするサイトと言っても勘違いしてる男性は数多くいます。

 

所謂、自分の画像とステータスを武器に「不純な出会い系サイト」として利用してる輩がいたりします。

 

こういった方は、女性からすれば「必ずできれば回避したい」はずです。

 

どこでそれを判断すれば良いか?(画像などからでは、判断は正直難しいです。)

 

それは、「プロフィールの詳細」にヒントがあります。

 

大体の、真剣な交際を前提で考えてる人の詳細には「ガツガツ感」がありません。

 

勿論、男性からのリードは大事だと思います。

 

しかし、プロフィールにやたら「自虐ネタ」を書いて同情をかおうと思ってる人とか「まずは会って話したい」とか「飲みに行きましょう」など。

 

こういった内容を書いてる人の大半が「ヤリモク」と考えて良いです。

 

そもそも、上記の内容から「真剣な交際」に発展したいという「ポジティブな部分」が連想できますでしょうか?

 

私には、できませんでした。

 

それなら、素直にプロフィールを書いている男性の方が「よっぽど理解もしやすい」ですし「変に気を遣わなくて良い」ので「フランク」にこちらも接する事ができるはずです。

 

お相手のプロフィールを読んだ時に、「仕事内容」や「一般的な紹介」以外に「飲みに行きましょう」とか普通はいらないはずです。

 

それは、マッチング後の話の展開ではないでしょうか。

 

基本的に、マッチングアプリは「恋活」や「真面目な出会い」する場です。

「飲み友達」や「遊び友達」を作る場ではありません。

 

だから、Facebook認証時に「独身」でないと登録できないようになってるのです。

 

原点を、絶対忘れてはいけないという事です。

 

忘れてしまうと、男性の「ヤリモク」の餌食になる可能性があるので気を付けて下さい。

 

5.Facebookのフレンド数はしっかり見ましょう

 

これは、変な男性以前にサクラや業者を見分ける判断基準の一つにもなる部分です。

 

プロフィールには大手のサイトでしたら、どこでも必ず相手のFacebookのフレンドするがアバウトですが出ます。

 

例えば、〜10と表記されたり10人以上と表記されたりします。

 

ここで、絶対いいねを押さない方が良いのが、100人以下の人たちです。

 

今の時代、100人以下ってあまり見ません。

 

勿論、全然SNSをやらない人も世の中沢山います。

 

しかし、そういった方はそもそもかなりの確率でSNSで告知をしてる「with」など、「真剣な出会いを提供する恋活アプリ」には登録しません。

 

パソコン主体のサイトに登録する方がほとんどです。

 

例えば、万に一つ登録したとしてもFacebookフレンドが10人というのは怪しいはずです。

 

普通に、社会人であれば相当なことがない限りこの数はあり得ないはずです。

 

勿論、例外もあります。

 

しかし、例外がいると考えてもFacebookフレンドが10人という時点で普段のライフスタイルが充実してる感があまり私は感じませんでした。

 

普通に生活していて今の時代なら平均60以上はいるはずです。

 

なので、例外も含めて最低100以上のフレンド数の人にいいねを積極的に押していくと充実してる生活感がありサクラや業者対策にもなるはずです。

 

是非、一度いいねを男性に押す時に念頭に入れてみて下さい。

 

**************************************

おすすめのマッチングアプリについてこちらに詳しく紹介しています。

⇓ ⇓ ⇓

【2019年6月最新版】おすすめマッチングアプリ